京つう

  ビジネス/起業  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2008年09月15日

福岡政行氏

 数日前、同業者の会合の特別講演で大学教授の福岡政行氏の講演を聞きました。

 テーマは政局。9月1日に福田総理大臣が突然の辞意表明をし、自民党の総裁選挙の最中ですが、今回立候補した方の裏話や、衆議院総選挙の時期の予想、民主党政権は誕生するか?や消費税増税などなど。
総選挙の時期は年末から1月の時期ではないかと予想されてました。その理由は詳しくは書きませんが、新聞報道ではこの秋にも選挙があるようにも書かれているので、その結果がどうなるか注目です。

 サブプライム問題について、先日の新聞報道でもありましたが、日本の金融機関もかなりの額を投資しており、その損失の影響を懸念されてました。

 そして総選挙の議席予想の話になり、キーワードは「大物落選」とのこと。予想議席数についても具体的な数値をおっしゃってましたが、あくまでも予想なのでここでは書かないでおきます。
この講演を聞いて、ひとつだけはっきりと言えることがあります。選挙には必ず行く!

 国政選挙では僕の記憶が正しければ投票率は6割前後。地方選挙になるともっと下がると思います。年金問題、役人の無駄使い、米問題、言い出すときりがないですが、国民がもっと政治に興味を持ち、何らかの意思表示を示さないとこの国はもっと暗くなってしまうのでは、と思います。これからの日本を少しでも明るくするためにも何らかの意思表示をしていく必要があるのではと切に思った講演でした。



Posted by 泉田 裕史 at 12:51│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。