京つう

  ビジネス/起業  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2010年10月19日

山口義行先生

昨日、所属するなにわあきんど塾同友会の研修会へ参加してきました。

今回の講師の先生は立教大学経済学部教授 山口義行先生。
テーマは「百年に一度の構造変化にどう立ち向かうか」でした。
2007年夏のサブプライムローンの破たんがあれば次は何があるか?日本ではその頃建築基準法が改正され、建築許可がなかなか出ない時期がありました。許可が出るようになった2008年には投資不動産が売れなくなった。アメリカでの出来事が日本の建築士の方々の仕事にも影響がでたお話をされました。

2009年、マスコミは米国は景気回復基調と伝えていたが…その米国では銀行倒産が相次ぎ、今年に入ってからは8月までで120件あまりもの銀行が倒産しているそうです。円高ドル安は起こるのは当然と訴えておられます。

今後の日本はどう生きるべきか?のお話もいただきました。中小企業でも世界の動きを読むことで、まだまだ世界を相手にビジネスができることを聞かせていただきました。

私もクライアント企業様の業績拡大を支援することが大きな役割の一つであり、とても有意義な研修でありました。



Posted by 泉田 裕史 at 21:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。