京つう

  ビジネス/起業  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2007年07月04日

北海道②

続いて、2日目ですが、早朝から札幌市内の二条市場という
ところへ行ってきました。もちろん、海の幸が目的です。
蟹って冬しか取れないって思ってましたが、蟹の種類に
よっては今でもとれるそうです。

今回は、タラバガニのおいしさの見かけ方を市場の中にある
お店の大将に教えていただいたので、その話を少し。
まず、蟹の種類の見分け方ですが、甲羅全体にぶつぶつが
あるんですが、甲羅の真ん中のぶつぶつ(トゲ)が4つなのが
アブラガニで、6つなのがタラバガニだそうです。

味はタラバガニのほうが美味しいそうです。オスとメスの
見分け方ですが、お腹の部分が三角になっているのがメス、
そうでないのがオスだそうです。オスのほうが卵を産まない
分、栄養が身体の中に残っていて美味しいそうです。
最後に蟹に身が詰まっているかどうかは、足を指で押せば
だいたい分かるそうです。
思わず、1尾買ってしまいました。

ボイルしたものが宅配便で翌日届きましたが、帰って食べてみたら、
大将の言うとおりかなり旨かったです。

続きはパート③で。




Posted by 泉田 裕史 at 22:06│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。