京つう

  ビジネス/起業  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年04月13日

動物占い

 金曜日にある異業種交流会に行きましたが、その日の講演の内容が「動物占い」でした。
 
 昔、動物占いって流行りましたよね。その時には12種類の動物で区分されていましたが、今回の動物占いは12種類の動物であることには変わりないですが、1種類の動物の中にもいくつかタイプが分けられています。
この日の先生は、弦本將裕(つるもとまさひろ)先生。この日は、動物占いによって占った動物のグループに分かれて座りました。講義を聴いていると、テーブルによってメモを取る人が多いテーブル、ほとんどメモを取らない人のテーブルに分かれました。性格が出ているんですね。

 ちなみに僕は「猿」です。その中でも、「どっしりした猿」に分類されました。12の動物のうち、猿・オオカミ・コアラ・虎は一つのグループに分けられるんですが、形あるものを好む、無駄を嫌う、現実的、結果や数字を重視する、などなど当たっている部分がかなりありました。他の動物に当たっている人の中には、今度のサマージャンボ宝くじを決まった日に買うと高額当選する!と言われている人もいました。(僕ではありません・・・)

 せっかくの機会なんで、先生の著書「ほめる力が子どもを伸ばす」を読んでみました(子供がいないのに)。でも、子供は自己表現がうまくできなかったり、自分をコントロールするのがまだできないとかがあるので、子育てをされている方はぜひ読んでみてください。
 
 いいことが書いていますよ。
  


Posted by 泉田 裕史 at 09:49Comments(0)